HOME>人気記事>今目指す人増加中!医師事務作業補助とは?

将来性を感じる職業

将来性の高い職業に就きたいと考えている方も多いかと思います。では、どういった職業が注目されているかランキングをまとめてみました。

今注目されている職業TOP3!

no.1

医師事務作業補助

医療関係の仕事は需要が高く、医師事務作業補助は資格がなくても働けるので、将来性も高く年々増え続けている職業です。

no.2

セラピスト&カウンセラー

セラピストは、ストレスの多い現代に求められる職業の1つです。心のケアを必要としている人が増えているので、この職業が2位にランクインしています。

no.3

コンピュータエンジニア

今、IT関係の仕事は急速に伸びています。ですから、コンピュータの高い専門知識を持つエンジニアが注目を浴びています。

今目指す人増加中!医師事務作業補助とは?

事務の女性

医師事務作業補助ってなに?

医師事務作業補助という言葉は、あまりなじみのない方も多いかと思います。別名ドクター秘書とも言われ、最近誕生した職業の1つです。医師事務作業補助は、何かと多忙な医師のサポートを行うことを目的としています。ですから、必要な医療書類の作成や、医療に関する法律関係の知識の習得が必要になってきます。医師の指示に従って、代わりにカルテを入力したり行政への報告なども仕事に含まれますから、しっかりと知識を身につける必要があります。

医師事務作業補助になるには

実は、医師事務作業補助は資格は必要ありませんが、就職した先で決められた所定の研修時間を受けなければいけません。医師事務作業補助の仕事に就いてみたいと思っている方は、より信頼性を高めるためにも医師事務作業補助の試験を受けることをおすすめします。受験条件は色々とありますが、試験も年数回行われているので受けるチャンスも多いですし、在宅で受けることができるものもあります。合格すれば自身の知識の所有を証明することもできます。

講座を受けて効率よく合格しよう

医師事務作業補助は、初期必須研修で32時間の研修を受けなければいけません。講座でもこの32時間を学べるものもあり、通信で学べる講座もあって子育て中で、将来再就職を考えている方にも向いているでしょう。将来のことを考えると、受けていて損はないものかと思いますので、ぜひ挑戦してみてください。